検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?


検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?

 自民党の片山さつき前女性活躍担当大臣は19日、都知事選出馬の噂を強く否定した。

 どうやらネットの噂として日刊ゲンダイが記事にしたのが発端のようだが、そのゲンダイの記事そのものが事実無根で確認をせず想像で書いた捏造だったようだ。

スポンサーリンク

ツイッターからの無断転載

 噂の出所となっているのは以下の日刊ゲンダイの記事にある記述。

(前略)
ネット上にある“文字起こし”されたモノを見ると、豊洲市場で働く業者と次のような会話を交わしている。

業者「都知事がさ、選挙に当選したのは、こっちに来るのに反対で当選したんでしょ?」
片山「公約破りですね……」

業者「公約破りですね、本当にもう」

片山「東京の人は優しいから……」

 動画には、業者から「お願いします。あなたに期待しています」と頼まれた片山氏が、「はい」と答える場面も出てくる。
参考:片山さつき氏が都知事選出馬に色気?動画で小池都知事批判|日刊ゲンダイDIGITAL

 ここで出てくるネットの書き起こしとは以下のツイッター投稿と思われるが、これは無料タクシーや循環バスが不便だという声に片山氏が答えたもので、都知事選出馬の話ではない。

 日刊ゲンダイは動画の会話内容が聞き取れないとしているが、単純にパソコンのスピーカー音量を上げれば普通に聞き取れる。ボリュームを上げて動画を確認すると、小池都知事への不満を漏らした業者と片山氏に無料タクシーの件をお願いした人物は別の人物とわかる。

 男性業者が「都知事への不満」を漏らした部分に、別の女性が「無料タクシーをお願い」と手を握り片山氏が「はい」と答えた部分をつなぎ合わせて、まるで片山氏に豊洲の業者が都知事選出馬を要請したかのような記事に仕上げているのだ。
 メディアとして一次ソースを確認せず、ツイッターに投稿された書き起こしと、そこに付いたコメントを無断転載して記事を書くなど言語道断。しかも、そのネット情報を恣意的につなぎ合わせて印象操作するという手口は極めて悪質だ。

 日刊ゲンダイは都合の良いときだけ「報道」を名乗っているが、その実態は5chまとめサイト以下である。まとめサイトですら元ネタの投稿を改ざんすることは禁止され、改竄が発覚すれば大バッシングを受けパージされるのに。

関連:ジャパンライフの「お中元リスト」野党議員10人の名前を削除して公開、日刊ゲンダイが共産党の隠蔽工作に協力か?
関連:日刊ゲンダイが捏造、麻生が本音「アベノミクス偽装は支持率のため」動画確認→言ってないし質問も違う

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ

繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫





最近の記事

  1. お宝動画発掘!あの福島瑞穂さんがキレッキレのダンシングクイーンだったことを君たちは知っているか?
  2. やっぱり捏造だった→朝日新聞の『米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に』こっそりお詫びと訂正
  3. 動画検証!福島瑞穂「帰れ!と大声で罵る茂木大臣。パワハラそのもの」→野党のヤジから官僚を助けたシーンをカット編集、悪質な印象操作
  4. やったぜ!立憲民主党公式「内閣支持率:続落26%」→残念!2017年の記事でした、有田芳生さんも釣られて投稿
  5. 今井雅人さん森法務大臣の本を掲げ愛を叫ぶ「そのあなた!どこ行っちゃったんですか!」大臣「胸が痛かったです」
  6. 蓮舫さん「匿名で自民党幹部がANAホテルを使わないと公言した」←匿名なのに公言とはこれ如何に?
  7. KSLマガジンvol.9 辻元清美議員の「忘年会で買収疑惑」は誤報!桜を見る会追及ロジックと同じ構図
  8. 岩田健太郎さん「橋本岳さんという方が存在することも今朝初めて知りました」→2月7日に橋下岳副大臣のブログに言及してました
  9. 【動画】野党がまた委員会退席!山尾志桜里議員「ちゃんとした議論がしたい」抵抗むなしく理事に連れ出される
  10. 立憲・石川大我議員「噛まれたら同性愛になる映画」公開停止を求める署名拡散→表現規制だと批判殺到→署名を始めた高校生に責任を擦り付ける



最近の投稿

PAGE TOP