国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に


国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に

 国民民主党の関健一郎衆院議員が14日、日本共産党について「暴力と血の歴史があったんですか?」とツイッターに投稿したことが話題となっている。

 元NHK記者の衆院議員が公安調査庁の資料も政府答弁書も読まずに一般人に聞くことでしょうか?

勉強不足のまま選挙協力は危険

 一般人でも日本共産党の暴力犯罪史を疑うものなどいないだろう。
 公安調査庁はホームページでも答弁書を掲載している。
参考:日本共産党と「破壊活動防止法」に関する質問主意書及び答弁書 | 公安調査庁

 予想通り関氏のツイートにはツッコミが殺到し過去のテロ活動についての情報が続々と寄せられているわけですが、池田信夫氏の論理的な解説に納得し過去に暴力革命路線を選択しテロ活動を繰り返していたことには納得したようだ。

 まさか国会議員で日本共産党の悪夢「5全協と6全協ショック」を知らない人がいるとは。綱領の解釈と路線変更の見方には諸説あるが、党としてのテロ活動まで否定して「暴力と血の歴史があったんですか?」とは能天気すぎる。このレベルで共産党と選挙協力しようというのだから恐ろしい。

関連:【動画】安倍総理「日本共産党は殺人などの破壊活動を行った疑いがある」本会議で維新・足立康史議員の質問に答弁
関連:公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりするKSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする

【動画】無責任野党!山井和則議員の質疑でまた退席騒動!委員長の新型コロナ対策の質疑要請を拒否して逃亡【動画】無責任野党!山井和則議員の質疑でまた退席騒動!委員長からの新型コロナ対策質疑の要請を拒否して逃亡

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP