KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする


KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする

 国会議員のことを「先生」と呼ぶことに良いイメージを持っている人は少ないだろう。

 この「先生」と呼ぶ慣習は明治時代に議会制民主主義が始まったときの名残だという説があります。

政治家が先生と呼ばれる理由は明治時代に端を発すると言われています。明治時代に入り、日本が近代化を成し遂げると、議会制民主主義が始まります。地方選出の議員が東京へやって来て議会へ参加するようになります。その際、地元の若い人間を呼び寄せて、身の回りの世話をさせたり、学校に通わせる、あるいは勉強をその場で教えるなどして世話をすることがありました。いわば学校の先生のような役割を政治家が担っていた時代があるのです。そのため、政治家は先生と呼ばれるようになったと言われています。
出典:政治家はなぜ先生と呼ばれる? (2015年8月8日) – エキサイトニュース

 筆者としては、正直あまり好ましい呼び方だとは思わないのですが、慣習として残っている以上は使わざるを得ないタイミングがあるのが現実です。

取材時は相手によって使い分ける

 

OFUSEする

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章

国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP