KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする


KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする

 国会議員のことを「先生」と呼ぶことに良いイメージを持っている人は少ないだろう。

 この「先生」と呼ぶ慣習は明治時代に議会制民主主義が始まったときの名残だという説があります。

政治家が先生と呼ばれる理由は明治時代に端を発すると言われています。明治時代に入り、日本が近代化を成し遂げると、議会制民主主義が始まります。地方選出の議員が東京へやって来て議会へ参加するようになります。その際、地元の若い人間を呼び寄せて、身の回りの世話をさせたり、学校に通わせる、あるいは勉強をその場で教えるなどして世話をすることがありました。いわば学校の先生のような役割を政治家が担っていた時代があるのです。そのため、政治家は先生と呼ばれるようになったと言われています。
出典:政治家はなぜ先生と呼ばれる? (2015年8月8日) – エキサイトニュース

 筆者としては、正直あまり好ましい呼び方だとは思わないのですが、慣習として残っている以上は使わざるを得ないタイミングがあるのが現実です。

取材時は相手によって使い分ける

 

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章

国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に

SNS・RSSフォロー

定期購読マガジン&メルマガ

最近の記事

  1. 【動画】立憲・枝野会見で記者が暴言「志村けんは感染したくて出歩いた、感染拡大させた当事者で負の遺産みたいな面がある」→枝野困惑
  2. 立憲民主くんがデマ「布マスクの発注先は山口県のメーカー」→「安倍友優遇」名指しされた業者に苦情の電話が殺到
  3. 朝日新聞「安倍の布マスクは効果がない」→朝日新聞ショップ「布マスク 2枚3300円、マスク品薄下の救世主!」
  4. おしゃべり蓮舫さん、憲法審査会開催の提案に「黙れ、と言いたくなった」→国会での馬鹿話を謝罪しなかったのは誰?
  5. 【動画】野党さん、委員会中にみんなでランチに行く!→足立康史「委員長注意してよ」菅直人は爪楊枝咥えてシーハー
  6. 沖縄タイムス・阿部岳記者「ヤクザ、破防法関係者にも休業助成しろ、一律だ」ついに本性を現した左翼メディア
  7. 【写真検証】共産党が自粛要請の花見を開催?地域の区議は当日に別の場所、投稿された花見写真は昨年のものか?
  8. 維新・谷畑孝衆院議員が辞職→美延氏の繰り上げ当選により衆院大阪府第4区は全ての候補が現職に
  9. ラサール石井が安倍総理のマスク着用に難癖「付け方を間違えている」→ガーゼマスクだから正しいと逆に指摘を受ける
  10. 公民権の問題は?N国、籠池元理事長の静岡4区補選の出馬を断念 野党各党が統一候補の打診拒否→次期衆院選は出馬

最近の投稿

PAGE TOP