室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章


室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章

 作家の室井佑月が日刊ゲンダイの連載するコラムで、北村誠吾内閣府特命担当大臣について「寝たきりのおじいちゃん」と中傷している。人権意識の欠片も感じられない駄文である。

 野党はここを追及したい。安倍さんの尻尾が見えてきそうだもん。けど、国会での北村大臣は公文書がどういうものか、それを書いたものは誰であるかも、あやふやだ。突っ込んだ本質的な話なんてできるわけねぇ。すげぇの出してきたな、自民党。喧嘩相手の家に、自分ちの寝たきりのおじいちゃんを置いてきたようなもんである。
出典:北村氏「普通の大臣になりたい」すげぇの出してきた自民党|日刊ゲンダイDIGITAL

 ただ誰かを口汚く罵倒すれば一定の層が付いてくるという慢心が、室井氏だけでなく日刊ゲンダイ編集部にもあるようだ。作家としてのテクニックでもアイロニーでもない、紛うことなき差別心が文章に滲み出て読み手を暗澹たる気分にさせる。

文章を重視しなくなった紙媒体

 室井氏の文章を巡っては以前から「作家とは思えない」と疑問視する声がある。本人にしてみれば「崩した文章」とでも言いたのだろうが、前段の説明から具体的な指摘に移る過程で筆者としてのオリジナル性が見いだせないまま汚い言葉で逃げるというワンパターンだ。

 こういうレベルの人間を漫然と使っている日刊ゲンダイや週刊朝日にも大きな問題があり、紙媒体が売り上げ下降の一途をたどるのも頷ける。

 日刊ゲンダイは主にリベラル層向けの記事が多いが、過去にはアイドルファンを揶揄して「オジサンもオバサンもさみしいんだろうね。」「オバサンは旦那とか恋人とかとXxXXをすることもなくなったのかな。」という時代錯誤も甚だしい差別的なコラムを掲載しているが、これもほんの一例に過ぎない。
参考:日刊ゲンダイでアイドルファン中傷、三枝成彰「オバサンは旦那とかとXxXXすることもなくなったのか」

 とにかくデマと名誉棄損が多い媒体で過去に何度も裁判で敗訴しているが、これを野党議員やリベラルを自称する著名人が好んで引用しているのだから頭が痛くなる。

関連:室井佑月の週刊朝日連載「世耕弘成・参院幹事長がデマまで流す始末だ」→デマは室井氏の記事でした
関連:帰ってきた憲法ブーメラン!室井佑月「皇室を政治利用することは許されない」→2年前「安倍改憲阻止のため天皇陛下を政治利用するしかない」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

新型コロナウイルス対策もせず立憲民主党がフェスを強行「中止による社会的影響考えた」前回は台風通過中に開催立憲民主党が新型コロナウイルス対策もせずフェスを強行「中止による社会的影響考えた」前回は台風通過中に開催

KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりするKSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP