中の人が身バレ確定か?立憲民主党三重県連が血まみれの人形写真投稿で炎上「蓮舫さんの質疑を観ながら血を作る」


 立憲民主党三重県連の公式アカウントが、足元が血まみれになった人形の写真をアップして炎上している。投稿は既に削除され謝罪の投稿が行われているが、当サイトの調査でアカウントを運営している人物はほぼ特定できている。(記事後半に証拠あり)

 写真は政府が一律給付する10万円を「大けがに小さな絆創膏」と揶揄してもので、血のりは同党の蓮舫参院議員の国会質疑を見ながら作られたものだ。


以前から不気味な投稿を連投

 この人形は立憲三重のキャラクター的な存在で、以前から不気味な投稿が目立っていた。この他の投稿も政権を嘲笑するような内容ばかりで三重県連の情報はほとんど確認できない。

中の人は市議の近親者?

 立憲三重のアカウントを運営しているのは県連のツイッター広報担当とされているが、過去に投稿した写真に本名の一部が写っており、似た名前の議員を調査してみたところ森川慎(まこと)四日市市議が浮上した。この人物の近親者(女性)である可能性が高い。
※投稿した写真にクレジット明細のヘッダーが写り込んでおり、フルネームの大半が確認できた。また同女性が2019年4月の市議選出馬時に森川慎の隣に臨席している。(通常は配偶者の立ち位置)

 まず、ソファーの生地が同じ。

 飼っている犬が同じ。

フェイスブックではこのボーダーコリーとは別のトイプードルが写っているが、同じ場所で2匹が撮影され両者が投稿している。

 今年の立憲フェスで「りっけん三重子の部屋」というブースを出展し、森川氏とリアル「みえこ」が記念写真。中央に写るのは石垣のりこ参議院議員。

 女性のフルネームもフェイスブックで確認でき同姓だったので、ほぼ確定でしょう。県連の会議などにも参加しているので完全な”素人”ではないし、現職の県連幹事で市議会議員の近親者が運営しているのなら、支援者が勝手にやりましたという言い訳が通用しない。県連としてだけでなく、党本部としても何らかの説明をするべきではないか。

りっけん三重子と森川市議の関係は?

 立憲の対応が遅く、このまま無かったことにされそうなので公開します。2019年の市議選での写真ですが、候補者の隣に座るのは基本的に配偶者かそれに準ずる近親者ですよね?

 同一人物かと思われますが?(3枚目がリアルりっけん三重子)

関連:立憲の伊勢神宮参拝に阿部知子議員「非常に残念」←参拝の理由と党内事情を把握できない無役議員の哀れ
関連:立憲民主くんがデマ「布マスクの発注先は山口のメーカー」→「安倍友優遇」名指しされた業者への批判がネットで拡散
 

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・塩村文夏が給付金デマ「ネット環境が無い人のサポート予約がネット受付のみだと?」→そんなこと何処にも書いてませんでした

立憲・石垣のりこ議員が差別投稿、総理の言い間違いを揶揄「レベルに合わせて、ふりがなを」→翌日、枝野代表と蓮舫が誤字で謝罪する地獄の連鎖

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP