立川雲水がまた病気を揶揄「石原慎太郎が癌治療の手記、口述筆記か機械に頼って作成かな?判読に難儀する原稿渡されるより編集者は楽だろう」


 元東京都知事の石原慎太郎氏が膵臓がんを告白し、10日発売の文藝春秋で闘病手記を発表したことに対して、落語家の立川雲水が病気を揶揄するかのような投稿をツイッターで行っている。


 石原元都知事は雲水の師匠にあたる立川談志と親交があり、2011年に談志が亡くなった際にはお別れの会で弔辞を述べている。

繰り返される不適切投稿

 立川雲水は3月にも安倍総理の難病を揶揄して「急にお腹が痛くなったので総理大臣辞めます」「肛門にはオムツをあてろ!」と投稿を行って問題視されている。指摘を受けて投稿は削除したが、安倍総理への批判を再投稿するなど反省の色は見られなかった。
参考:落語家・立川雲水が安倍総理の難病を揶揄する投稿「オムツをあてろ」「お腹が痛くなったので総理大臣辞めます」

 今月5日には小池百合子都知事が世に出るようになったきっかけについて「夜の政局をフル活用」などとセクハラともとれる投稿を行っている。この投稿に関しては現在も削除されず本人は開き直っている。
参考:立川雲水が小池都知事へセクハラ投稿「夜の政局をフル活用で」立川流の名前を汚す愚かな行為

 落語家としては多少不謹慎なことでも笑いのネタにするのは理解できるが、雲水は特定個人を名指しして病気などを揶揄する癖がある。これがまったく笑いになっておらず、ただの悪口になっているから質が悪い。また、師匠の弔辞を述べた石原氏に対して失礼極まりない行為である。

関連:河野太郎外相「こういう奴って、人間的にどうなの?」腎盂腎炎からの復帰に法大講師「復帰しなくて良い」
関連:【動画】モーニングショーで羽鳥慎一が不謹慎発言「来い!来い!(台風)19号!」ラグビーW杯、雨天中止で日本が1位通過

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

野党が憲法審査会開催を拒否→その夜の立憲ツイッター「おやすみなさい 国会は休まないで。#国会を止めるな」

立憲民主党のポスターを上貼り、都議補選を意識したイタズラか?音喜多議員「これはアグレッシブ過ぎ、やるならきちんと貼ってくれ」

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP