小島慶子がゲゲゲの鬼太郎ねこ娘のモデル体型に苦言「ルッキズムを刷り込む罪深さ、女児の摂食障害につながる」


 エッセイストの小島慶子氏は21日、優秀番組を表彰する「第57回ギャラクシー賞」のテレビ部門特別賞を受賞した『ゲゲゲの鬼太郎』で、ねこ娘がモデル体型になっていることに「ルッキズムを刷り込む罪深さに考えが至っていないのが闇深」「女児は自身の見た目への不安を感じ、摂食障害などにつながることも」とツイッターで批判した。


小島慶子の勘違いが酷い

 小島氏は勘違いしているようだがギャラクシー賞の受賞理由は「ねこ娘」のモデル体型ではない。

<ゲゲゲの鬼太郎>モデル体型ねこ娘 誕生秘話 女児が憧れる存在に (MANTANWEB) – Yahoo!ニュース
放送批評懇談会が発表した受賞理由は「新たなサブキャラクターの登場や、主人公たちの設定の見直し」「社会や時代は変わっても、人間社会が抱えている闇や怖さは、水木しげる原作時代と同じ、普遍的なのだということを教えてくれました」というもの。

 この受賞理由「キャラ設定の見直し」の中で、審査とは別にファンの間で話題になったのが「ねこ娘のモデル体型」と記事の執筆者が紹介しているだけだ。それも、一律にこのような設定にしたのではなく、水木しげるの原作イメージとかけ離れたものとして「モデル体型」が取り上げられただけだ。
 モデルの菜々緒をイメージして、これまでの水木しげるの設定にはない長い手足を使ったバトルシーンなどが生まれ、これらが高く評価されているのだ。実際の放送を見れば分かるのだが、これまでの水木しげる原作に忠実なデフォルメ感のあるキャラと、現実感のある体型のキャラが入り乱れることによって、妖怪の世界と人間社会の境界が取っ払われた新しい世界観となっている。

 また、ねこ娘が人気キャラに成長し評価した理由を「ルッキズム」とするのはファンにも失礼な話で、作中で中学生の女の子(人間)から「ねこ姉さん」と慕われるなど、水木しげるの原作にはなかった頼もしさもあってのことだ。

 こうやってアニメなどのキャラを表面だけ見て批判することこそ歪んだルッキズムではないだろうか。

関連:ローマ教皇が女性の手を叩く→小島慶子「叩かれたのはアジア系の女性、男性や白人だったら”失礼な女が悪い”となっただろうか」
関連:小島慶子「中国人と間違われたと怒るのはなぜですか?」←それはあなたの妄想ではないでしょうか?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

国民・徳永エリが都知事選候補者を嘲笑「笑った!冗談みたいな選挙戦」→批判受け削除「自分の立場をわきまえず感想を述べすみません」

辻元清美の恫喝発言、実際は→「悪口ばかり言わんといて。あんまりいうたら撃ち●すで。ばーん」発言を釈明「自分が本当に最悪な人間のような気がして、辻元、結構辛いです」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP