市役所支所に爆破予告して逮捕された市議→立候補の動機「安心安全なまちづくり」座右の銘「人間 死ぬまで勉強」


 岐阜県関市の市会議員が、市役所の支所に爆破予告文を郵送した容疑で逮捕された。

 威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、関市の市議会議員 太田博勝容疑者(67)です。
 警察によりますと太田容疑者は、関市役所の上之保事務所あてに爆破予告文を郵送し、先月7日、約2時間に渡って職員に爆発物の捜索をさせ、業務を妨害した疑いがもたれています。
 爆発物は実際には見つかっていません。警察は太田容疑者の認否を明らかにしていません。

立候補の動機は「安心安全なまちづくり」

 現職の市会議員が爆破予告で逮捕されるというトンデモニュースにネットは騒然となっているが、当選5期のベテランで過去には議長も務めているわりには容疑者に関する情報が少ない。
(2019年の市議選ではギリギリ当選)

 当サイトでも調査してみたが、唯一判明したのが2015年の統一地方選の際のアンケートだけだった。

 立候補の動機と議員として取り組みたいことが「安心安全なまちづくり」というのが今となっては泣けてくる。まさか現職中に市役所に爆破予告して安心安全を脅かすとは。

 座右の銘は「人間 死ぬまで勉強」とのことなのだが、まずは爆破予告をすると逮捕されるということから学習してください。

関連:共産党市議が抗議の離党「宇都宮候補は都知事になったら慰安婦像を国会前に建てると発言、朝日新聞は虚偽だったと謝罪している」
関連:沼津市のラブライブ観光PRを嘲笑した共産党・かわの祥子さんが投稿削除→炎上やまずツイッターアカウントに鍵

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

国民・原口一博さん「民主党政権の悪評は自民党が電通を使って作り上げた」→2016年の原口「民主党政権の反省は謝罪で終わらない」

顔写真の性別を変える「FaceApp」にご注意を!課金や規約問題だけではない、使い方ひとつで訴訟リスクも

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP