官房長官が3か月ぶりにマスクなし会見→午後は慌ててマスクを外し「えへへっ」照れ笑い→東京新聞・望月記者「政治的パフォーマンスかっ!」


 菅義偉官房長官は1日、これまで新型コロナ感染対策としてマスクを着用したまま会見を行っていたが、この日の午前からマスクを外して会見を行うことを会見冒頭で述べた。
 しかし、午後の会見ではいつものようにマスクをしたまま会見を開始、慌ててマスクを外したところ会見場に笑いが起こり長官が照れ笑いをする場面があった。最初の質問を行った共同通信記者も笑いが堪えきれなかったようだ。

なぜか望月記者が噛みつく

 長官がマスクを着けて会場に現れ会見冒頭でマスクを外したことに対して、東京新聞の望月衣塑子記者はツイッターで「政治的アピールなのか、その場でわざわざマスク外した」と噛みついている。

政治的アピールなのか、その場でわざわざマスク外した #菅義偉 #官房長官。だが、感染は拡大局面で、第2派への警戒が必要な状況が続く。これでは誤解を与える。
せめてアクリル板の仕切りやフェイスガードを。

 長官は直前まで打ち合わせなどで他者と近接している。そういった経緯からマスクをしたまま移動していることが想像できないのだろうか。望月さんには、ずっとマスクをしていてほしい。

関連:東京新聞・望月記者、緊急時外出禁止の法改正アンケートに「世論が全体主義に向かい、第二次世界大戦に突き進んだ事を忘れてはいけない」ちょっと何言ってるか分からない
関連:東京新聞・望月記者が町山智浩のデマをパクツイ「外務省が安倍政権に批判的なSNS対策に24億円も予算を組んだことがワシントンポストに報じられた」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

異論を排除する共産党、慰安婦問題に疑問を呈した市議を除籍「同氏の歴史認識などは党の立場とは相容れない」

鳥越俊太郎さん「マスクなんてしなくてよい。新型コロナは単なる風邪だ。頭の悪い人がマスクをして歩いている、情報弱者のアホども」医師の投稿をシェア

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP