共同通信「立憲・国民両党解党して新党を設立する方針で一致」→枝野・玉木両代表が完全否定「百害あって一利なし」


 共同通信が11日に報じた「立・国合流、党名巡り難航 新党設立方針では一致」について、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表がそれぞれ報道を否定した。
 枝野代表は「現時点で何か「一致」していることはありません」と完全否定し、玉木代表は「こういう憶測記事は百害あって一利なし」と強い不快感を示している。


報道内容に根本的な矛盾点

 共同通信は記事で関係視野の話として具体的な合意案が記述されている。

 合併方式については「対等合併」を訴える玉木氏に配慮し、両党とも解党して新党を設立する方針で一致した。関係者は「党名以外は折り合った」と明かした。
出典:立・国合流、党名巡り難航 新党設立方針では一致

 両党を解党するのに党名で一致しないということが既に不自然で、解党前提なら玉木代表は対等合併など気にする必要もない。このレベルのガセネタを掴まされて堂々と報じる共同通信の基準はどうなっているのか。

 通信社とは一般的なニュースを各報道機関に供給する役割がメインで、こういった憶測報道をするものではない。今回の誤報は、今秋の衆議院解散も予想されるなかで有権者の投票先選択にも関わるニュースであり、極めて質の悪いものだ。

関連:誤報!共同通信「日本、中国批判声明に参加拒否」→各国足並み揃わず時期未定のため日本政府は先行して発表、官房長官「深く憂慮する」(動画あり)
関連:【動画】菅官房長官「失望の声が伝えられたという事実はない」中国への共同批判声明巡る共同通信の報道を完全否定

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・尾辻かな子がデマ「大阪のコロナ感染者30人超。松井市長は住民投票実施の話」→市長会見の発言すべてが災害・コロナ対策でした

朝日新聞のコロナ記事に重大な疑義「取材は受けてない」西浦教授がツイッターで指摘、科学誌からの無断改変転載も

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP