共産党・田村智子「閣僚の中に入っていく」連立政権での入閣を目指す考え示す→それを容認する民主系支持者は少ない

政治・社会

 日本共産党の田村智子政策委員長は14日、日本記者クラブ主催の会見で、共産党が提唱する野党連合政権が誕生した場合は自身が入閣する意欲があることを述べた。

「党として責任を持って連立政権をと言うからには、最初から閣外に留まりますよ、なんてことを思っているわけではもちろんないです。むしろ政策の実効性を、どんな圧力にも屈せずにやっていくためには、私たちのような頑固な政党が政権の中にも入って踏ん張ることも必要ではないかと思っていますので、閣僚の中に入ることも目指さなくちゃいけないということを、自分自身にも言い聞かせているところであります」


言うのだけなら誰でもできる

 まあ、田村さんの目立ちたがり体質は今に始まったことではありませんが、この会見でもいつものように各社のカメラに視線をやってはニヤニヤと。
 共産党へ媚び売るような質問ばかりの会見で、よほど気持ちよくなったのか自身の入閣願望まで披露してしまったわけですが、野党共闘ならまだしも野党連合政権で共産党が閣内に入ることには拒否反応を示す者は少なくない。これは支持者だけでなく議員も同じだ。

 共産党の入閣などが現実的に語られるようになったら、支持者も議員も離れていくだろう。共産党は連合政権が実現した場合に自衛隊と天皇制について棚上げする考えを示しているが、この国の根幹に関わる部分で認識が一致しない政権などありえないだろう。

 ちなみに、この発言を引き出す質問をしたのが毎日新聞編集委員の倉重篤郎氏であるが、質問では田村智子議員の「桜を見る会」の国会追及を絶賛して持ち上げている。この倉重氏は桜を見る会の追及過程で問題となったジャパンライフの宣伝チラシにも登場していたが、共産党の配慮で見逃してもらっているので、まあ仕方のないことだ。

 共産党に甘い記者らを前に、ニタニタと願望を語ったところで共産党の黒い歴史が消えるわけでもなし。政権を取れないことを前提にした政策しか打ち出せない共産党の戯言でしょう。

関連:共産党・田村智子の嘘「(ジャパンライフ会長の)招待状は消費者庁の内部告発」←資料には「元社員から入手」と付記
関連:動画!事務次官セクハラ問題で共産党にブーメラン!田村智子「実名明かさないセクハラ告発に怒ってます」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう