N国・新藤加菜(ゆづか姫)が印西市長選に緊急登板!都議補選からわずか1週間「新藤、新藤、雨、新藤」のペース

政治・社会

 5日に投開票が行われた東京都議補選で「アベノマスクブラ」で話題となった新藤加菜氏が、12日告示19日投開票の印西市長選挙に出馬した。都議補選から僅か1週間のハードスケジュールだ。

 当初、出馬する予定だった候補が25歳未満で被選挙権が無いと判断され届出が受理されなかったことで急遽、新藤氏が出馬することになったようだ。


N国は新藤、新藤、雨、新藤か?

 都議補選では最下位落選となった新藤氏であったが、アベノマスクブラで話題となり他陣営を応援する共産党員らから猛烈なバッシングを受けながら大乱戦を展開したのは僅か1週間前のことだ。

 かつて中日ドラゴンズで活躍した権藤博投手が、シーズン130試合(当時)の半分以上の69試合に登板したことから、まるで雨による中止以外は毎日登板しているようだと「権藤、権藤、雨、権藤(雨、雨、権藤、雨、権藤)」という流行語が生まれた。

 体力を消耗する選挙戦で、1か月以内に2回も出馬するのは異例だ。この現職との一騎打ちを制すれば市長として公務に就きさらに忙しくなるわけだが、この選挙ペースはまさに「新藤、新藤、雨、新藤」の激務だ。これを若さで乗り切れるのか注目したい。

関連:共産党のダブスタ!ホリエモン新党のポスターをセクハラとして糾弾した池内沙織さん、下着広告の動画をシェアし「いいなぁ。さすがスウェーデン」
関連:立憲・うすい愛子「勝手に討論会を撮影してアップされた」→ホリエモン新党しんどうかな「許可とって配信しているのにデマの拡散はやめて」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で