【拉致問題】北朝鮮から解放された米博士「日本人7人前後とひそかに会った」産経新聞がインタビューの詳細を報じる


解放されたキム・ドンチョル氏(中央)

 北朝鮮にスパイ容疑で逮捕され、2018年の米朝首脳会談に先立ち解放された韓国系米国人博士のキム・ドンチョル氏が産経新聞のインタビューに応じ、北朝鮮での活動中に拉致被害者と思われる複数の日本人と会っていたことを証言している。
 暴力的に拉致された被害者の他に、甘言など様々な方法でに北朝鮮に連れ出され日本に帰れなくなった被害者が多いようだ。これらの証言は、拉致の可能性を否定できない特定失踪者も北朝鮮で生存している可能性が高いことを示す重要なものだ。


政府の調査で確実な生存情報へ

 産経新聞はインタビューの詳報も出しているが、キム氏の証言によれば「拉致」という言葉の定義に当てはまらずとも、何らかの形で北朝鮮に渡航したまま日本に帰れなくなり連絡の手段も絶たれているひとが多いようだ。

 キム氏は日本政府の調査にも応じる考えがあるようで、以下のように思いを語っている。

拉致被害者「苦しみの中、今も生きている」 北朝鮮から解放の米博士のインタビュー詳報 – 産経ニュース
「約17年間、北朝鮮にいたときは海外に出ても自由に話せなかった。解放された後、米国に必要な内容は米政府に全てお話しした。日本に関する話は日本人に話すべきだと思った」
 (中略)
「私が帰国できたように、米政府は、外国に抑留された自国民がいれば、救助に最善を尽くす。北朝鮮がいないと主張しようが、日本人が一人でもいる限り、たゆまず救助を訴え続けなければならない」

「日本政府が望むなら喜んで協力したい。知っていることは全てお話しする」

 これまで積極的に拉致問題を報じてきた産経新聞だけに、聞いて良いこと、悪いこと、聞いても書いてはいけないことは心得ているだろう。ここに書かれている以上の重要情報がキム氏によってもたらされることは大いに期待できる。
 キム氏は日本語ができないので接触した拉致被害者の名前などは記憶していないようだが、認定された拉致被害者と拉致の可能性を排除できない特定失踪者の顔写真や関連情報との照合を行えば政府調査でかなり確度の高い生存情報が得られるだろう。

関連:特定失踪者家族会会長が有田芳生議員の暴言に謝罪と反省求める「国会議員としての立場を利用した独善的な発想で、特定の家族への嫌がらせをしている」
関連:【北朝鮮による拉致問題】辻元清美・福島瑞穂に言い訳をさせるな!社民党見解と辻元発言の事実関係を精査する

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

ハリス駐韓米大使、朝鮮総督を想起するとして物議を醸した口ひげをそり落とす→ヒゲの隊長「似合っていたし、続けて欲しかった」

アベノマスク配布に高田延彦「俺は要らないよ!」長州力「追加で頂けると!感謝します!」→二人とも配布対象外です

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP