蓮舫、国家安全法で逮捕されたジミー・ライ氏の保釈に「理由がわからない」→長島昭久「そもそも不当逮捕ですよ!」


 香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で10日に逮捕された「リンゴ日報」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏が12日未明に保釈された。
 このニュースをツイッターで引用した立憲民主党の蓮舫副代表は「保釈理由がまだわからないので安心は出来ません」と投稿した。これに対して自民党の長島昭久衆院議員は「そもそも不当逮捕ですよ!」と蓮舫氏の投稿に疑問を呈している。


 国安法で10日に逮捕された民主活動家・周庭(アグネス・チョウ)氏が11日深夜に釈放されたことに続いてジミー・ライ氏も早期に釈放された理由については、国内外での反響が大きく、中国に対して厳しい非難の声が出てきたことに対応したものだろう。ジミー・ライ氏の逮捕を受けて、同氏が創業したリンゴ日報を買い求める列もできたという。

 蓮舫氏は「保釈の理由がわからない」としているが、逮捕が取り消されたわけではなく不当な容疑はかかったままで捜査も続いている。逮捕そのものが見せしめであったことは言うまでもなく、不当な捜査が続いている以上は、保釈そのものに安心できる材料などない。

 こういった不用意な投稿からして、蓮舫氏がファッション感覚でブームに乗り浅い知識でそれっぽいことを言っているだけだとよくわかる。

関連:蓮舫さん、上医師の不適切グラフに釣られ「感染者増加、国会を開くべき」→こっそり削除して上医師批判をリツイート
関連:カミツキ蓮舫さん「現実を認めず、誰かを攻撃することで自己あるいは自己の主張を肯定化するのはやめたほうがいい」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

フジテレビがクラスター発生の高校を叩く異常な報道 学生寮の場所を特定し写真を公開、ネットの炎上に便乗

長州力「書いた記者は書き逃げですか?」→中日スポーツのタイトル「長州力が”失態”そして”暴挙”」事実に反すると指摘受けコッソリ書き換え

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP