立憲民主党・石垣のりこ議員の激甘処分が決定「口頭厳重注意処分」←つまり処分はしないということですよね?


 安倍総理の難病再発を「大事な時に体を壊す自己管理能力のない人物」とツイッターで批判し問題となった立憲民主党の石垣のりこ参院議員の処分が決定した。一部では辞職を求める声もあったが処分内容は「口頭厳重注意処分」という形だけで実質リスクのない甘い処分となったようだ。


党が石垣に屈して差別を容認

 石垣議員は「深く反省しお詫び」という言葉を使いながらも「解釈の余地を残す」として、投稿の下劣さを理解していないようだ。また、檄甘処分で石垣議員は調子に乗っているのか「権力に萎縮することなく、政治家として言うべきことは毅然と発言する」と、また居直っている。

 枝野代表も31日の会見で石垣氏の批判はせず、代表としての最後の会見で逃げ切りを図っている。

 これによって立憲民主党は難病に対する差別を容認して他党を批判する政党だということがよくわかった。合流新党になってもこのスタンスが変わるとは思えず、より一層の差別と偏見を振りまく政党と化すことだろう。

関連:石垣議員の問題投稿に枝野代表「自民党議員の方がもっと酷い」「参議院会長と幹事長に任せた」記者の質問から逃げる
関連:石垣のりこ議員の炎上に国民・津村啓介議員「ちょっと言い過ぎ!でも若手政治家ってそれくらいでちょうど良い」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

石垣議員の問題投稿に枝野代表「自民党議員の方がもっと酷い」「参議院会長と幹事長に任せた」記者の質問から逃げる

高須院長がリコール署名妨害の町山智浩、香山リカ、津田大介を刑事告発!愛知県警が受理

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP