原口一博さん、新党名『帰ってきた民主党』を熱望「ウルトラマンが帰ってきた時、嬉しかったし強かった」

 国民民主党の原口一博国対委員長は5日、立憲民主党との合流新党が『帰ったきた民主党』と揶揄されていることに関して「大いに良し。ウルトラマンが帰ってきた時、嬉しかったし「帰ってきたウルトラマン」は強かった」と好意的に受け取っていることを明かした。


火に油を注ぐ原口さん

 この「帰ってきた民主党」は日本維新の会・松井一郎代表が会見で述べたことをきっかけにネット上で話題となり、立憲民主党の会見でも記者から質問が飛ぶなどした。これに対して福山幹事長が必死に反論していたわけだが、原口さんが火に油を注いだ形となる。

 こうやって世間が自分たちをどう見ているか読めないのが原口さんの悪いところで、未だに民主党政権で大臣になった快感が忘れられないのだろう。小沢一郎など時代遅れの政治家と同様に、一度失敗したことを「もう一度」と夢見ているのだ。
 この調子では旧態依然とした古い勢力と、全く新しい塊を作ろうとする若手や中堅と衝突するのは必至で、そのうちまた分裂するのは目に見えている。

 もし、新党の執行部に原口さんが入るようなことがあれば崩壊は確実だろう。

関連:原口一博さん、中国共産党と日本共産党を同一視する投稿「名前も同じ共産党。中国共産党は良くて日本共産党はならぬ理由を明確にできますか?」
関連:出来レース?原口一博の異常な行動!国民民主党佐賀県連の常任幹事会に立憲・大串議員が同席し発言→満場一致で合流


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で