ラサール石井さん「ベランダから下着が盗まれた。犯人は近くの劇団の演劇人だと書いたら多くの演劇人を傷つける」そんなことはないと思う

 タレントのラサール石井さんが9日、ちょっと何言ってるか分からない投稿を行った。

盗難の被害者なのに何故批判されるのかと憤慨するが。もし「ベランダから下着が盗まれた。犯人は近くの劇団の演劇人だ」と書いたら、「演劇人てそんな人なの」という印象を与え、多くの演劇人を傷つける。犯人の属性を影響力ある人間が「外国人」と書いたら差別を助長する。非難されているのはそこ。

例えが下手過ぎて意味不明

 ラサール石井さんの投稿は、俳優で歌手のつるの剛士さんに向けられたものだ。


 彼らはどうしても、この投稿を「差別」という事にしたいらしい。そもそも、つるのさんの投稿に「外国人」などの属性は書かれていないし、書いていたからと言って差別にはつながらない。どんな事件事故の報道でも関係者の属性は書かれているが、それが差別につながったという話もない。

 絶望的に下手な例えを披露したラサール石井さんが恥をかいただけだ。

関連:ラサール石井「持続化給付金を配るシステムはいらない、ボランティアでやる。全部こっちで」完全に仕事をなめた投稿
関連:ラサール石井「共産党は天変地異を二度までも予見。卑弥呼級」カルト宗教みたいなことを言い出す


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で