高須院長「大村知事リコールの会の事務局に盗聴器が仕掛けられているのを発見!これは犯罪ではないか」


 高須クリニックの高須克弥院長は11日、愛知県の大村秀章知事の解職請求を目指す「お辞めください大村知事100万人リコールの会」の事務局に盗聴器が仕掛けられていたことをツイッターで報告した。探知機により発見し、警察への届け出まで分解等はせず現場保存しているという。


リコール妨害、住居不法侵入か?

 写真を見る限りでは市販されているタップと同型であるが、この中に盗聴器が仕掛けられているようだ。外観的には判別できず電源もコンセントからそのまま給電されるので発見されずらいタイプだ。

 盗聴器そのものは違法ではないが、これを仕掛けるために侵入しているとすれば住居不法侵入となる。一方で、今回のようなタップ型は気が付かないうちに人から人の手に渡り使用されることもあり、防犯カメラなどで記録されていても悪意の設置者を特定するのは難しそうだ。事務局周辺で傍受している不審者が確認されれば、ほぼ確定なのだが。

今回のリコール運動に関しては共産党が反対運動を展開するなどしているが、リコールそのものは住民投票によって決されるため、投票を目指す運動に反対したり妨害するのは筋が悪い。

関連:高須院長がリコール署名妨害の町山智浩、香山リカ、津田大介を刑事告発!愛知県警が受理
関連:高須院長「河村市長の表現の自由は規制するのですか?」座り込みを批判する大村知事、こっそり削除で書き換えも発覚

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり強制わいせつ容疑の初鹿明博議員が不起訴をゲット!タクシー内で女性の顔を下半身に押し付けたりキスしたりしたのに

尖閣衝突事件で枝野幸男を責めるのは間違い!中国人船長釈放当時はすでに退任、そもそも政府内にはいなかった【マガジン53号】

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP