新・国民民主党が野党合同ヒアリングを連続欠席「集団でつるし上げても意味がなく、真相が分かるとも思えない」


 立憲民主党との合流新党に参加しなかったメンバーで結党された新しい国民民主党が、野党合同ヒアリングを連続で欠席している。産経新聞の報道によると欠席は党としての指示ではないが、国民幹部は「集団でつるし上げるようなことをしても意味がなく、真相が分かるとも思えない」「役所をたたくようなことはしたくない」と語ったという。

国民民主は政権追及ヒアリングを2回欠席 立憲、共産の手法と距離? – 産経ニュース
 日本学術会議の新会員の任命を菅義偉首相が一部見送ったことをめぐり、立憲民主党などの主要野党は6日、国会内で合同ヒアリングを開いた。ただ、国民民主党の全議員は2日の会合に続き出席しなかった。野党が詰問調の言葉を官僚に浴びせ、ネットで生中継する合同ヒアリングには、以前から「公開リンチ」(与党関係者)などの批判も強い。提案型野党を標榜する国民は、主要野党と距離を置いているようだ。

パフォーマンス議員は全員が立憲へ

 以前の国民民主党でも玉木代表の方針で、採決での乱闘国会などパフォーマンスを排して論戦を挑み付帯決議を取り付ける方向にシフトしていたが、山井、柚木、今井らパフォーマンス議員は野党共闘路線を求めるという理由をつけて離党していった。また、原口氏らヒアリングの中心になってきたメンバーも立憲入りしたことで完全に色分けされた形となる。

 新しい国民民主党ではそういったパフォーマンス優先の議員は参加しておらず、無条件で野党合同ヒアリングに参加することはなさそうだ。案件と状況によっては参加するものと思われるが、立憲民主党の路線とは距離を置く姿勢は鮮明になってきた。

 まだまだ支持率的には苦しい国民民主党であるが、パフォーマンスではなく国民のための戦いを展開する真っ当な野党として成長することを期待したい。

関連:立憲・石川大我が海上自衛隊に難癖「艦内に『真水の一滴は血の一滴 海軍省』と掲示。防衛省にヒアリングする!」
関連:【動画】維新・音喜多駿議員「大きな声で官僚を追い詰める野党合同ヒアリングは国民にとって有益か?」本会議で指摘

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・石川大我が海上自衛隊に難癖「艦内に『真水の一滴は血の一滴 海軍省』と掲示。防衛省にヒアリングする!」

福島瑞穂さん、北朝鮮とズブズブだった土井たか子との写真(1998年)を自慢げに公開「瑞穂はやっぱり社民党」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP