暴走する反対派が町長宅に火炎瓶を投げ込む!核のゴミ最終処分場、文献調査応募阻止のため町長の殺害を計画か?


 いわゆる「核のゴミ」最終処分場の文献調査に応募することを表明していた、北海道寿都町の片岡春雄町長の自宅に火炎瓶を投げ込み放火した男が逮捕された。

核のゴミ処分場調査「邪魔したかった」…町長宅放火未遂容疑、町内の77歳男逮捕 : 読売新聞オンライン
 発表によると、男は8日午前1時20分頃、片岡町長宅に何らかの方法で放火しようとした疑い。火は網戸を焦がしたが、片岡町長が消し止め、けが人はなかった。窓ガラス2枚が割れたという。

 捜査関係者によると、男は、「核のゴミ」の最終処分場の文献調査受け入れを巡り、「表明を邪魔したかった」と話しているという。


火炎瓶とは別に火を放つ執拗な犯行

 火炎瓶が投げ込まれた翌日、町長は予定通り文献調査への応募手続きを開始している。この町長の動きを委縮させるための”脅し”として火炎瓶を投げ込んだものと思われたが、日本テレビの報道によると犯人の男は火炎瓶では町長宅に火が着かなかったため、さらに別の方法で火を放っているようだ。

 脅しであれば火炎瓶を投げ込むだけで充分であるが、別の方法でも火を放っていることから町長宅を燃やすという強い意志を感じる。また、時間帯的にも町長と家族が寝静まっているときで、犯人は一家全員の殺害を企図していたのでないか?

 犯行の様子から現住建造物等放火罪が適用されるものと思われるが、この罪は殺人罪と同等の重罪であり場合によっては死刑も適用される。

 過激な反対運動や行動が美化され賛美される昨今の風潮が、こういった凶悪な犯罪を誘発していることはそれぞれが自覚しなければならないだろう。特に国会議員の方々は。

関連:【沖縄がヤバい】自衛隊の窓ガラスが割られ放火!辺野古では重機の鍵穴に接着剤、給油口に砂糖で器物損壊
関連:#MeToo 辺野古の反対派によるセクハラ発生!「反対運動のおっちゃんから胸を露骨に揉まれて屈辱」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【動画】記者がご飯論法で質問「海老チャーハンを作ってたのに卵チャーハンに変えましたね?」→官房長官「ちょっと何言ってるか分からない」

立憲・山岸一生さんに喧嘩を売られたので電話したら全力逃亡→逃亡中、自分を擁護する投稿に「いいね」を押しまくって通知を送ってくる異常な行動【マガジン57号】

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP