有田芳生議員が橋下徹氏を中傷する投稿「カンナクズのようにペラペラ」過去には百田尚樹氏からも指摘された言葉


 立憲民主党の有田芳生参院議員は28日、橋下徹・元大阪市長を「カンナクズのようにペラペラ」と中傷するツイッター投稿を行った。問題の投稿は、日本学術会議の任命見送りの問題で同党の小川淳也衆院議員と橋下氏が議論するテレビ番組の様子を引用した弁護士アカウントに対して行われたものだ。


橋下氏に対しては2015年にも

 有田芳生参院議員は平成26年2月5日の参議院予算員会で、当時NHKの経営委員であった作家の百田尚樹氏が、秋葉原での選挙応援演説で元総理などを指して「人間のクズ」と発言したことを問題視して、籾井正人NHK会長(当時)の責任を繰り返し追及していた。

 これに対して百田氏側からは、有田議員が過去に作家の平林たい子さんが中曽根康弘・元総理に対して「ペラペラとカンナ屑(クズ)のように」と評したことを引用して、名指しは避けながらも政治家を批判していたことが指摘されている。


 有田議員はこの指摘を受けた後も繰り返し「カンナ屑」という言葉を使っており、2015年にも大阪市長だった橋下氏を批判する投稿の中で使っている。また。2019年には安倍晋三総理(当時)に対しても使っている。


 何かとヘイトスピーチには敏感で、人権にはうるさい有田先生ですが、自分の気に入らない相手に対しては平気で「カンナクズ」「ゴキブリ」と罵倒してしまうのだから質が悪い。これらの表現は人種差別ではないが、明らかな憎悪表現であり相手を侮辱するものだ。

 相次ぐ立憲民主党関係者の不適切投稿に、枝野代表も福山幹事長も無視を続けていたら、これからも支持率は下がる一方だろう。

関連:有田芳生が拉致問題の対応で失踪者家族を選別「藤田隆司さんに関わる問題に取り組むことはいっさいいたしません」
関連:横田滋さんの息子・哲也さん「何もしなかった政治家が政権批判、やめてほしい」有田芳生「横田滋さんの思いを知らない妄言でしょう」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

朝日新聞編集委員「WTO事務局長選、EUは韓国候補を支持、韓国嫌いの日本は冷や飯を食わされる」→EUは韓国候補不支持で確定、編集委員が冷や飯を食わされそう

ラサール石井「左巻きはクルクル○ーと同じ差別用語」高橋洋一氏のツイッター投稿に指摘→自分は上念司、有本香氏らに「頭が悪い」と投稿するダブスタ

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP