WHOテドロス事務局長が自主隔離へ 新型コロナ感染者との接触が判明

政治・社会

 世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長が1日(日本時間2日)、新型コロナウイルス検査で陽性が確認された人物との接触が判明したため、数日間の自主隔離に入ることが判明した。症状は出ておらず在宅で執務することをツイッターで明かしている。


これは仕方のないことだが・・・

 ネットではテドロス事務局長を罵倒するコメントも見られるが、ここまで蔓延すると感染者の接触は不可抗力だろう。一方で、テドロス局長の初期対応の誤りも指摘され、責任論があるのも事実である。

 発生の初期段階で武漢が陥落状態であったのに「大したことない」という趣旨の発信を行い、世界的な感染拡大後は各国の対応が悪いと言い出すデタラメさで世界を呆れさせて以降は、これといって有効な対応と発信を行うこともなく存在を忘れられていた。

 久しぶりの注目が「自主隔離」というのもお粗末な気はする。

関連:【動画】山井和則さん「WHO事務局長は多額の寄付でリップサービスする」つい本当のことを言ってしまう
関連:無知による誤報か?NHK「新型コロナのワクチン 臨床試験の参加者死亡」→新型コロナワクチンで死亡の事実なし


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で