立憲・田島麻衣子、乳児を殺害し遺棄した母親を擁護して政権批判「散々自分でやってみた彼女、菅政権も気付くべき」

【速報】公選法違反のタスキにモザイクをかけた立憲・田島麻衣子さん「本人」タスキに戻す!やっぱり違反の認識があった?

 立憲民主党の田島麻衣子参院議員は3日、羽田空港内で産んだ赤ちゃんの遺体を港区内の公園に埋め遺棄した容疑者の女性に関して「まずは散々自分でやってみたであろう彼女」と擁護して「その上で政府がセーフティネットでお支えすると繰り返す菅総理の公助哲学が、どれだけ虚しく響く事だろう」「菅政権も気付くべき」と政権批判を展開した。


人の命も政権批判の材料

 これほど愚劣な政権批判も珍しい。産んだ子供が泣きやまないからと口にティッシュペーパーを詰め込んで窒息死させ、その子供を公園に埋めた容疑者に「まずは散々自分でやってみたであろう彼女」と想像で擁護して、それを政権批判の材料にするとは。

 政治家として望まない妊娠や出産について考えるのは間違っていないが、乳児を殺して埋めるような人間の責任まで総理のせいにするのは的外れだ。野党議員に問って子供の命は政争の道具に過ぎないのかと疑ってしまう。

 この事件が発覚したのは、公園で遊んでいた幼児が遺体を発見したことだ。発見した子供や公園の利用者のショックは想像を絶するもので、容疑者の犯行の悪質性は擁護できたものではない。そんな事件事故でも政権批判の材料にしようという野党の愚劣で卑劣な考え方では、こういった二次被害者らの心などどうでもよいのだろう。

関連:立憲・田島麻衣子さん「国会がファックス中心で驚愕、時代遅れの議員を公開していけば?」→おたくの安住淳事務所も取材対応はファックスでしたよ
関連:立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で