東京新聞・望月衣塑子記者「文春によると・・・」→自分の疑惑に対して「新潮と文春の取材は会社に聞いて」と拒否してたのに平気で文春を引用

マスコミ・報道

 東京新聞の望月衣塑子記者は21日、菅政権のGoToへの対応について「文春によると」と週刊文春の記事を引用して批判を展開した。ツイッターの引用は朝日新聞であったが、わざわざ文春から一節を引いてくるところが望月記者の週刊誌依存を表している。


週刊誌の取材には答えないくせに

 望月記者は先月、自身が東京新聞で書いた記事で情報提供者の実名を暴露してしまうというトラブルを起こしているが、その際に望月記者を取材した週刊新潮に対して「新潮と文春の取材は、会社に聞いてもらわないといけませんので」と取材を拒否し、週刊誌の取材には答えない方針を明かしている。

 自分の疑惑に対する取材では週刊誌を排除しておいて、平気で文春を引用するという恥知らずなことをしているのだ。おそらくこれからも週刊誌を小脇に抱えて会見で質問するパフォーマンスは継続するのだろうが、文春は東京新聞に使用料を請求すればいい。

関連:これは酷い!ドラマ版「新聞記者」自殺した赤木さんと妻の物語に内容を変更→赤木雅子さんが反対しても制作強行、原案の望月衣塑子「内容は知らない」
関連:ダブスタ!東京新聞・望月衣塑子さん「何があっても説明しない、お答え控えます内閣」→自分の記事トラブルの取材には「週刊誌には答えていけないということなので・・・」
 


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で