小池都知事がまた愚策を発表「医療従事者に感謝の手紙を書くよう小中学生に要請します」←子供をダシにする汚い大人

 東京都の小池百合子知事は21日の記者会見で、新型コロナウイルスに対応する医療従事者に頑張ってもらうため都内の小中学生に感謝の手紙を書かせるというプランを発表した。

 もう、正気の沙汰とは思えない愚策。知事に言われて書く感謝の手紙に何の意味があるのだろうか?

演出でごまかそうという愚策中の愚策

 先日は感染対策を呼び掛ける「かるた」を作った小池都知事。今度は小中学生にヤラセの手紙を書かせるという倫理的にもぶっ飛んだ愚策を打ち出した。

 都知事が要請して書かせている時点で感謝の気持ちは伝わらない。そもそも医療従事者は小中学生から送られてくる手紙を読んでいる暇などないだろう。また、手紙を書く対象を小中学生にしているところが「こんなんで泣くんやろ?」みたいな大人の汚さを見せつけられているようだ。

 これに付き合わされる子供たちも可哀そうだし、医療従事者もドン引きだろう。

関連:小池東京都知事「ウィズコロナ東京かるたを作成しました」→もう、そういうのええですわ・・・
関連:共産党・小池晃書記局長が女性蔑視?都知事の口調を揶揄した「オホホ」ツイートに批判殺到、こっそり削除


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で