朝日新聞が女子挺身隊の合成写真で謝罪「コメントを取り消した上でお詫びいたします」→取り消してませんでした

マスコミ・報道

 朝日新聞フォトアーカイブのアカウントがツイッターに投稿した戦時中の「女子挺身隊」の写真が合成ではないかと指摘された問題で、朝日新聞社は21日、写真が合成であったことを認め謝罪した。

朝日新聞フォトアーカイブのツイートについて説明とお詫び
 
 朝日新聞フォトアーカイブが12月18日、ツイッターに投稿した女子挺身隊の写真について、たくさんのご指摘をいただきました。

 この写真について、弊社で検証した結果、構図などから、戦時中に撮影し合成された写真と判断しました。当時の様子を伝える写真としてこの写真を選び、以下のコメントをつけたことは極めて不適切なものでした。

 「弊社には、1944年に増産のため工場へ出勤する女子挺身隊の写真が残っていました。『男たちは戦場に駆り出され、国内の労働力は不足していた』とありました。」

 上記のコメントを取り消した上でお詫びいたします。

 この写真は、週刊「アサヒグラフ1944年10月25日号」、朝日歴史写真ライブラリー「戦争と庶民 1940~49」(朝日新聞社・1995年)に掲載されたものです。戦時中に撮影されたものであり、撮影者や経緯は不明です。数多くのご指摘を頂いた通り、同じ顔や大きさが不自然な顔があるなど、合成であると気がつくことができる写真でした。十分に確かめずに事実であるかのような写真として投稿してしまいました。

 今後はこのような事がないように十分に注意いたします。

コメントは取り消されていません

 朝日新聞社は「コメントを取り消した上でお詫びいたします」としているが、現在も問題のツイッター投稿は残っており取り消されてはいない。(22日23時現在)


参考:朝日新聞の捏造は戦時中から?女子挺身隊の写真、加工を指摘される「かなり大きな規模でコピペを繰り返してますね」
 朝日新聞は撮影者などは不明としているが、問題はこれを説明もなくツイッターに投稿していたことだ。現在のデジタルデバイスで表示すれば誰でも合成とすぐにわかるような戦意高揚のプロバガンダ写真を投稿したことが故意でないというのも少し無理があるように思える。

関連:朝日新聞の捏造は戦時中から?女子挺身隊の写真、加工を指摘される「かなり大きな規模でコピペを繰り返してますね」
関連:朝日新聞、170億の大赤字で創業以来の大ピンチ!新聞社としては再起不能か?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で