共産党が宣伝カーの運転手を募集!ただし、応募資格は党員歴1年以上、給与や条件はヒ・ミ・ツ

政治・社会

 日本共産党が宣伝カーの運転手を募集している。常勤で党本部の正規職員らしい。応募資格が党員歴1年以上という事で、これはもうブラックな匂いしかしない。給与や福利厚生も非公開という秘密結社みたいなシステムだ。


党職員の労働環境はブラックではないのか?

 本部勤務に応募する動機の確認までは理解できるが「決意」というのが理解不能。宣伝カーを運転するのに決意など必要ないと思うのだが、何か特別な任務でも課せられるのだろうか。また、整備士資格保有者を歓迎と書いてあるが手当てが出るとは書いていない。そもそも給与すら非公開で募集する時点で共産党支持者が普段から批判している「やりがいの搾取」ではないのか?

 この不透明な求人には複数のツッコミが入っているが、日本共産党では職員に労組結成を規約で事実上禁止し、必要な手当ても支払われていないという指摘がある。事実なら超ブラックな労働環境だ。

 共産党界隈はオリンピックのボランティアが無償であることを批判するわりには、機関誌「しんぶん赤旗」がボランティアによる無償配達で支えられていることを平気で自慢をするダブルスタンダードだ。
 少なくとも公に労働力を求めるなら、他党のように給与や条件は公開するべきだろう。

関連:共産党内の強制わいせつ隠蔽問題 党中央が関与認める手紙「中央委員会で検討、このことは志位委員長も承知」
関連:共産党市議の書き初め「スガ政治を許さない」「政権奪取」漢字の間違い指摘され削除→恥のかき初めに

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で