非常識!立憲・柚木道義さんの街頭演説中、救急車が接近→中止せず救急車について叫ぶ

政治・社会

 立憲民主党の柚木道義衆院議員が14日、倉敷市内での街頭演説中に救急車が接近したにもかかわらず演説を中止していなかったことがSNS投稿から判明した。


ツイッターでブロックされてる人は以下の動画で

緊急車両通過時は演説は中止

 教えられなくても常識だと思うのだが、緊急車両のサイレンが聞こえたらすぐに演説は中止して通過を待つのがマナー。柚木氏もそれは知っていたようだが「救急車が鳴ってますから止めますけども」と言いながらも救急車を指さして最後の締めの言葉を続け、結果的に救急車の通過中に柚木氏のマイクから大音量で演説が流れ続けている。

 こういう身勝手な行動こそ立憲民主党の真骨頂なのかもしれないが、コロナ禍で街頭活動を自粛するよう福山幹事長が通達を出しているのに、それを無視したうえに市民生活に迷惑をかける。やればやるほど票を失っているのではないか?

関連:立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付
関連:お悔みピースの立憲・柚木道義さん「フラワーデモ岡山に参加した」東京と岡山を往来しデモ参加を報告

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で