お悔みピースの立憲・柚木道義さん「フラワーデモ岡山に参加した」東京と岡山を往来しデモ参加を報告

 1都3県に緊急事態宣言が発出され緊張が高まる中、立憲民主党の柚木道義衆院議員(岡山4区)は11日、岡山県で行われた「フラワーデモおかやま」に参加した。柚木氏は13日の衆議院内閣委員会で質問に立つため、デモ終了後に新幹線で東京に向かったという。

#フラワーデモ おかやまに参加した後
国会質疑のため新幹線です。

#しんぐるまざーずふぉーらむ の赤石さんと今日も話しましたが #緊急事態宣言 は不安定雇用の女性を直撃しており
明後日の国会質疑でも #ひとり親世帯臨時特別給付金…

柚木 道義さんの投稿 2021年1月11日月曜日

感染防止の呼びかけなど完全に無視

 岡山4区で連続3回も自民党の橋本岳・元厚労副大臣に敗北し、今回も比例復活できるかどうかの瀬戸際で焦る気持ちも分からないわけではないが、この時期に東京と岡山を頻繁に往来してデモに参加するのは如何なものか。

 柚木氏は昨年末に同党の羽田雄一郎参院議員が新型コロナに感染し亡くなった際にも、フェイスブックで活動報告とお悔みを同時に行い、女性らがファミレスで5人以上会食する現場でピースサインをする写真を添付したことで大炎上している。

参考:立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付

 立憲民主党が独自に街宣活動の自粛を通達したのは英断であったが、同様の注意を呼び掛けられた1都3県以外の議員はやりたい放題で幹事長の言うことなどお構いなしだ。
 政府与党の緊張感の無さを批判する前に、まずは自分たちが襟を正すべきだ。

関連:立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付
関連:羽田雄一郎氏の死去に立憲議員が不適切投稿「やはりコロナ感染症だったのですね。菅政権はコロナを甘く見すぎ」「笑顔で仕事納め」どら焼き片手にピースサイン


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で