スポーツ観戦は声援禁止なのに国会では野党が絶叫!ヤジと飛沫を飛ばしまくり与党批判のパフォーマンス

政治・社会

 菅総理の施政方針演説等の政府4演説を受け、3日間にわたる与野党からの代表質問が22日に終わった。開会式では人数制限を行うなどの感染対策を行われたが、本会議での政府答弁中、野党は新型コロナの感染対策も忘れて大声でヤジを飛ばし絶叫を繰り返していた。

 スポーツ観戦やイベントでは声援が禁止され拍手での応援となっているが、国会議員だけはお構いなしで飛沫を飛ばしているのはどういうことなのか説明してもらいたい。

死者が出ても反省しない野党

二階幹事長の質問時にも野党から激しいヤジが飛び、これに二階幹事長が応戦する場面があったが、ヤジに限らず与野党の「そうだ!」の掛け声も感染症対策を無視した愚行である。国民に我慢を強いながら与党が会食していると野党は騒いでいたが、国民はスポーツ観戦やイベントの場で声援を禁止されているのだから、国会議員も声を出しての声援は控えるべきだ。

 中継などでは誰がヤジを飛ばしているのか分かりにくいのだが、立憲民主党の山井和則衆院議員は声とイントネーションに特徴があることから判別できる。会食した議員に処分が必要と考えるなら、国会で飛沫を飛ばした山井議員も処分すればいい。

 現職国会議員だけでも9名の感染が確認され、昨年末には羽田雄一郎氏が死亡している。事務所関係者などを含めるとかなりの数が感染しているわけだが、国会議員と言うのは反省と言うのが苦手なようで感染対策を無視してヤジで飛沫を飛ばし続けているのだ。

 メディアも議員が何人で弁当を食べたかなど些末なことを報じていないで、国会でヤジを飛ばしている議員をピックアップして報じるべきではないだろうか。

関連:共産党・田村智子がマスクなしで都議らと大声で歓談、辻元清美と小池晃もマスクなし会談
関連:立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で