立憲・本多平直のコント!新年あいさつ「国会開会を強く求め感染抑制策、補償を議論します」→開会後「私は政治とカネについて質問する」

 立憲民主党の本多平直衆院議員は23日、予算員会での質問に立つことを告知するツイッターで「仲間にコロナ対策についてはしっかり議論してもらい、私は「政治とカネ」について質問する予定です」と投稿した。あれだけコロナ対策で国会を開けと騒いでいたのに。


新年の投稿と矛盾している

 本多氏は新年の挨拶で「コロナの厳しい状況が続いています。一日も早い国会開会を強く求めます。感染抑制策、補償のあり方などをしっかり議論します」とツイッターに投稿している。
 まるでコントのような展開だ。


 予算委員会はその名の通り「予算」を審議する場であるが、予算を執行する内閣の資質を問うという側面もあり慣例的に内閣に関するスキャンダルなどの追及の場にもなっている。テレビ中継が入ることもあることから、野党はこれを絶好のパフォーマンスの場として利用している。

 本多氏が質問予定の「政治とカネ」については、与党現職の逮捕などもあることから重要案件ともいえるが、昨年の臨時国会閉会後は新型コロナ対策のために国会を開くよう求めていたのは野党であり、喫緊の課題は間違いなくコロナ対策である。今国会の予算委員会はコロナ対策に投じる予算を審議する重要な場となることから、スキャンダル追及などしている場合ではない。

 この人たちが政権に就くことは未来永劫無さそうだ。

関連:立憲・本多平直議員がアベノマスクに感謝した一般女性を中傷「NHKに言わされてる、どこか別の国の放送局かと」
関連:枝野さん、代表選に向けあいさつ回り→本多平直「枝野さんが挨拶に来るのは、こんな時だけです」軽い悪口を投稿する


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で