これは恥ずかしい!立憲・長妻昭さん「西浦教授を呼んだが自民党がブロック」→西浦教授「僕は国会参考人になることを同意したことはない」

 立憲民主党の長妻昭衆院議員は25日の予算委員会で、参考人として京都大学の西浦博教授を要求したが自民党の反対で実現しなかったとして「都合の悪い方は呼ばないのか」と抗議した。


西浦教授「同意したことはない」

 長妻議員の言い分では「自民党が民間人は呼ばない」とのことだが、これは西浦教授も同じ考え方で予算委員会の当日に「僕は国会参考人になることを同意したことはありません」「僕は研究や専門的見地から既にオープンに描写しています」とツイートを行っている。


 長妻議員としてはテレビ入りする予算委員会で、西浦教授に政府批判をさせようという魂胆だったのだろうが、本人の意思を無視してまでやることではない。26日の予算委員会でも同党の大西健介衆院議員が参考人として要求していたようだが、エビデンスが必要なら論文なり資料なりを活用すればいいのであって、研究者個人を政府批判に利用しようとするのはもうやめたほうがいい。

関連:ブーメラン!辻元清美「歴代厚労相を参考人招致するで!」←立民の長妻昭が元厚労相、民主党政権下で4人
関連:立民「厚労省不適切調査を追及!」足立康史議員「不正を見抜けなかった民主党が見抜いた政府を追及する」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で