立憲・田島麻衣子さん「菅総理がオリンピックを強行すると」→実際の発言は「挙行する」削除して謝罪

政治・社会

 25日の衆議院予算員会で、今夏に予定されるオリンピック・パラリンピック東京大会について菅総理が「強行する」と発言したとして立憲民主党の田島麻衣子参院議員は「今必要なのは強引さではない」と総理発言を批判した。しかし、実際に発言は「強行する」ではなく「挙行する」であった。

削除済

立憲では珍しく謝罪して削除

 間違いを指摘された田島議員は26日になって投稿を削除したうえで謝罪した。


 削除にあたって謝罪をするのは立憲民主党議員にしては珍しい。とはいえ、総理を批判する前に少し考えれば「強行」などと発言することはありえないとわかる。よく聞いていなかったとしても自然に「挙行」と聞こえるはずだ。

 こんなありえない聞き間違いをする田島さんの中で菅総理は、極悪非道の冷酷無比な鬼なのだろう。立憲民主党が思い込みと勘違いで政治をやっている証左でもある。

関連:立憲・田島麻衣子、乳児を殺害し遺棄した母親を擁護して政権批判「散々自分でやってみた彼女、菅政権も気付くべき」
関連:立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも?

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で