自民党有志が日章旗を傷つけることを罰する「国旗損壊罪」提出要請→山口二郎教授「ばかばかしい話」

 自民党の保守系議員有志で作る「保守団結の会」は26日、日本の国旗を傷つける行為を罰する「国旗損壊罪」を国会に再提出するよう下村博文政調会長に申し入れた。下村氏は賛意を示し議員立法で今国会に提出し成立を目指す方針を確認した。

自民・高市氏ら「国旗損壊罪」国会提出要請 外国国旗と同等の扱いを – 産経ニュース
 刑法には外国国旗の損壊や汚損などに関して「2年以下の懲役または20万円以下の罰金に処する」との規定がある一方、日本の国旗を損壊した場合の罰則は設けられていない。

 改正案をまとめた高市早苗元政調会長(保守の会顧問)は記者団に「諸外国では自国の国旗損壊にかなり重い刑罰が科される」と指摘した上で「日本の名誉を守るという国家の使命を果たすには、外国国旗と日本国旗の損壊に関して同等の刑罰で対応することが重要だ」と語った。

 自民党は野党時代の平成24年に改正案を提出したが、同年に衆院が解散した影響もあって廃案となった。

山口二郎「ばかばかしい話」

 この報道をツイッターで引用した法政大学の山口二郎教授は「こんなばかばかしい話にうつつを抜かす前に、国民の命を守るために政府が全力を尽くす姿勢を見せてくれ」と不快感を示した。


 何が「ばかばかしい話」なのか理解に苦しむが、これに反対する方が余程ばかばかしいと思うのだが。国旗掲揚や国歌斉唱に反対する人たちでさえ「強制」に反対しているのであって、国旗を破ったり焼いたりするのは暴動を起こす様な連中しかいないだろう。

 外国国旗を損壊することを罰する規定があるのに、自国の国旗を尊重し守る規定がないのはおかしな話だ。自国の国旗を尊重できないものが、他国の国旗や民を尊重できるはずもないだろう。

関連:山口二郎さん「内閣は国民の命を軽んじており、その罪万死に値する。総辞職など生ぬるい」←気に入らない相手はすぐ死刑、命を軽んじてるのはどっち?
関連:社民党の立憲合流組が注文「立憲の党員資格が日本国籍に限られるのは変えるべき」「党大会で日の丸が置かれていた」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で