最悪!立憲・菊田真紀子が拉致問題の質問を取りやめた理由→「国会中継される際は特に旬な問題を取り上げる瞬発力が求められる」森会長の発言問題に変更

政治・社会

 4日の衆議院予算委員会で質問に立った立憲民主党の菊田真紀子衆院議員は、テレビ入りの委員会質問について「国会中継される際は特に、旬な問題を取り上げる瞬発力が求められる」とツイッターに投稿した。菊田氏はこの日、マスコミから女性蔑視として批判報道されている森喜朗・元首相の発言を取り上げ、予定していた拉致問題と大雪対策の質問を行わなかった。


拉致問題はこの国の最優先課題である

 これが菊田氏の本音なのだろうが、横田めぐみさんが拉致された新潟県内の選挙区選出であるにもかかわらず拉致問題を省略したことは許しがたい。自分がテレビで目立ちたいがために「旬の話題」に飛びつき、拉致問題は「旬ではない」と切り捨てたのだ。

 立憲議員がテレビ入りの委員会でパフォーマンスに走ることは以前から指摘されていたが、ここまで露骨な事例は珍しい。北朝鮮に家族を拉致された方々の前で「拉致問題は旬じゃない」と言えるのか?

 拉致問題の質問を中止してまで森喜朗・元首相の発言を取り上げた菊田氏であるが、金田委員長の指名も待たず喋りだしたことで発言中に「菊田真紀子くん」と指名される場面があった。これに対して「はい、はい」と無礼な態度で答えるだけだったが、こういう態度が女性の立場を悪くし森喜朗・元首相のような発言につながっていることを自覚するべきだ。

関連:【動画】立憲・黒岩宇洋さん、国会で官僚を”泥棒”呼ばわりする人権侵害!与党席からの訂正要求も無視
関連:独自ルールも守れぬ立憲民主党、党からの自粛要請翌朝も複数の議員が街頭活動を継続


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で