イギリスから帰国したロイター記者、待機要請に従わずパーティー参加→コロナ変異株の感染拡大

マスコミ・報道

 ロイターの東京支社に勤務する外国人記者が、イギリスから帰国した際に健康観察期間(2週間)の待機要請に従わずパーティーに参加し、この記者と参加者の男女が新型コロナウイルスに感染していたことを週刊文春が報じている。

ロイター記者、待機期間のパーティー参加でコロナ変異株が感染拡大 | 文春オンライン
 ロイター記者のA氏は12月中旬に休暇をとって、イギリスへ一時帰国。日本へ12月22日に戻り、空港でPCR検査を受けたところ、結果は陰性だった。

 コロナの潜伏期間は最大で14日程度とみられており、判定ミスや後から発症する場合に備えて、日本政府は入国日の翌日から起算して2週間の健康観察(自宅待機)と健康状態の報告を要請している。

 だが、記者は12月25日に港区内のパブで友人ら9人とのパーティーに参加。
(中略)
「最初に感染が分かった男性(編集部注:パーティー参加者の友人男性)の感染経路をたどったところ、イギリスから入国した男性(A氏)が見つかりました。この男性は発症から時間が経過していたため、再度検体を取ったが、調べられるウイルスの量が少なく変異株を検出できなかった。状況証拠から、この男性から2人に感染したと推定しています」

完全に日本を舐めきっている

 これがマスコミの実態だ。感染を一切警戒せず取材対象に密集するような人たちが、あくまで「要請」である健康観察期間を破ることくらい容易いことだろう。

 この記者は文春の取材に対して事実関係を認めているが、ロイター広報は調査中としながら「地域の検疫規制と検査に従うよう指示しております」となぜか自信満々。
参考:ロイター記者、待機期間のパーティー参加でコロナ変異株が感染拡大 | 文春オンライン

 待機要請に罰則規定が無い日本が完全になめられている。一方で、この記者が渡航していたイギリスでは虚偽の報告で入国した場合に禁固刑まで設け、待機中の隔離を拒否した場合は最高で1万ポンド(約145万円)の罰金が科されるようになる。
参考:うそつき入国に禁錮10年も 英国、変異株の水際対策強化 – 産経ニュース

 こういった罰則に猛反対した共産党や立憲民主党はこの現実をどう受け止めるのか。入院拒否や時短要請だけでなく待機要請に従わないものも罰則が必要なのは明らかだ。

関連:蓮舫さん、感染者叩きを開始「意識低すぎる」竹本前IT相の新型コロナ感染を批判する投稿
関連:感染者が出たら大臣が責任取るのか?と迫り、自分は「クビをかけている」と断言した立憲の小川淳也さん、新型コロナ陽性と判明


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で