森会長を叩くブロガー「中国共産党の再教育キャンプに入れたほうがいい」ウイグル人強制収容所を肯定

 社会派ブロガーで著述家の「ちきりん」が、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の辞任について「中国共産党やってたみたいに再教育キャンプとかに入れたほうがいいんじゃないかと思うよ」と中国共産党がウイグル人を弾圧する強制収容所を肯定する投稿をツイッターで行ったことで批判の声が上がっている。
 この人物の正体は、料理レシピを扱う某企業の取締役を務める経営コンサルタントで間違いないだろうとメディアから指摘されている。


民族と宗教弾圧を肯定する非道

 中国共産党によるウイグル人弾圧については、普段は人権にうるさい左派が目を逸らしているという指摘はあったが、ここまで堂々と強制収容所までを肯定した人物は初めてではないだろうか?

 再教育キャンプとはウイグル人のイスラム教徒などを強制収容する施設で、少なくとも100万人が収容されているとされ中国に対する愛国教育や漢語の強制による洗脳などが行われている。過度の暴力や虐待も行われていることも指摘され、重大な人権侵害であることは疑いようもない事実だ。

 アメリカ大統領選ではあれだけの検閲を繰り返したツイッター社が、こういった中国共産党による人権弾圧を肯定する投稿を放置しているのはなぜだろうか?

 この自称・社会派ブロガーが問題投稿に続いて連投したのが以下、

 一見、民族差別を否定しているように見えるが、これは中国共産党がウイグル人をテロリストと決めつけて強制収容したことを批判されたときの反論と同じだ。正体もバレていることだし、某社もこれを「個人の意見」として放置して良いのだろうか?

関連:香山リカさん「ウグイル、ウルグイ、ウイルグ、ウルグアイ。さて中国で人権問題が起きている地区はどこでしょう!?えーとえーと……グイウル!」
関連:民族差別問題に熱心なナイキさん「ウイグル強制労働防止法案」に反対するロビー活動をバラされる


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で