【怖い動画】辻元清美さん「手荒なことはしないから止めてよ委員長」→いつもは手荒なことをしているのでしょうか?


 総務省接待問題をめぐる問題で、立憲民主党の今井雅人衆院議員は15日の予算委員会で「菅総理の長男が利害関係にあるという認識か」という質問を行った。これに対して総務省の原邦彰官房長が「現在、事実関係者を精査している」として明確な答弁を避けたことで委員会は紛糾し、野党筆頭理事の辻元清美衆院議員が金田勝年委員長に対して、時計を止めたうえで議事整理するよう求める場面があった。

 この際、委員長席に詰め寄った辻元氏が「手荒なことはしないから止めて」と求める場面も見られた。普段は手荒なことをしているのだろうか?

日程を人質にした恫喝

 今回のケースでは総務省の原官房長の答弁が不誠実であったことは事実だ。菅総理の長男が利害関係者である可能性が週刊誌の取材で浮上し、飲食代金なども返金していることから利害関係が濃厚であったことは間違いない。最終的には原官房長は「倫理規定上の利害関係者に該当する疑義があることは否定できない」と答弁しているが、利害関係者に該当する疑義が生じたから調査中なのであって、最初からそう答えればよかったのだ。

 一方で野党筆頭理事の辻元氏のやり方にも問題がある。今回の発言「手荒なこと」とは野党退席による審議拒否のことであるが、来月初めまでには予算案を衆議院を通過させたい与党側を恫喝しているようなものだ。

 今回は金田委員長が原官房長に厳しく注意をして誠実な答弁を促し、野党席からも拍手が起こるという珍しい場面も見られたが、これが無かったら退席していただろう。

関連:【動画】辻元清美が消したい真実!共産党との関係を指摘した足立康史議員の発言を不当に妨げ議事録からの削除を要求
関連:足立康史議員「嘘つきは辻元清美さん、あんただよ」安倍前総理の答弁を批判する辻元氏に憲法審での虚偽発言を指摘


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で