福島瑞穂「なぜ声をあげないのだ、というのは呪いの言葉」→野党「なぜ自民党女性議員は森発言に声を上げないのか」為末大「沈黙は賛同であると言われ、強く反省」

政治・社会


 社民党の福島瑞穂党首は16日、自身のツイッターを更新し「声をあげれば変わる。声をあげれば変わる可能性がある。「声を上げても変わらない」「なぜ声をあげないのだ」というのは呪いの言葉。変わるのだ!」と投稿した。


 相変わらず意味不明な文章で「声をあげれば変わる」と断言した直後に「変わる可能性がある」とトーンダウン。いったいどっちなんでしょうか?

 また、福島氏は「「なぜ声をあげないのだ」というのは呪いの言葉」と書いていますが、森喜朗氏の問題では野党が「なぜ自民党女性議員は声を上げなのか」と騒いでいましたが、アレは呪いの言葉だったんですね?

 福島氏の投稿は、社民党が11日に発表した新ポスターの「弱音をはける社会」などのキャッチコピーを意識したものと思われる。とは言え、森氏の発言を巡って「声を上げよう」と野党が大騒ぎしているこの時期にこのコメントを出してしまうのが福島氏の残念なところだ。

 先日も元オリンピック選手の為末大氏が「沈黙は賛同であると言われ、強く反省をしています」として森氏への処遇を検討するよう求める声明を発表している。

 この方たちは「呪いの言葉」を吐いていたんですね。

関連:森会長を叩くブロガー「中国共産党の再教育キャンプに入れたほうがいい」ウイグル人強制収容所を肯定
関連:絶対に笑ってはいけない!社民党の新ポスター「ひとりを笑うな」「弱音をはける社会へ」ほぼソロ活動の福島みずほ党首が発表

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で