批判殺到!八木啓代「森喜朗の孫娘が語ってる記事、グァテマラで20万人虐殺したリオスモントの娘を思い出す」

政治・社会

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した森喜朗・元総理の孫娘について歌手で作家の八木啓代氏が、20万人を虐殺したグァテマラのエフライン・リオス・モントの娘を思い出すとツイッターに投稿し批判を浴びている。


政権に批判的であれば許される?

 何の罪もないのにマスコミに追いかけられ、家族として当然のコメントをした孫娘をネタにする人権意識の希薄さが恐ろしい。

 こともあろうに森氏と孫娘の関係を、グァテマラの独裁者で内戦中に20万人を虐殺したリオス・モント大統領(当時)とその娘に例えるなどありえない。八木氏の投稿には多くの批判が寄せられているが、批判するものに対して「頭が悪い」などと中傷するなど反省の色は一切見えない。さらに、孫娘について「家族の証言はしょうもない擁護」と新たに批判している。

 政治的に敵視したら家族まで容赦なく叩く。政権に批判的であればどんなことでも許される。この界隈に応援される野党の支持率が伸びないのは必然と言えるだろう。

関連:ゴールはどこ?森喜朗氏を叩き続ける立憲民主党「次回は27日、サイレント・アクションを展開します」
関連:フェミニスト北原みのり「(森氏)孫娘の発言にどれほどの価値が?」家族に問題があるとして攻撃開始


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で