ご飯論法?蓮舫さん「zeroは0ではありません」立憲民主党のゼロコロナ戦略案を無理やり擁護する

政治・社会


 立憲民主党の蓮舫代表代行は23日、党が打ち出したゼロコロナ戦略案に関して「zeroは0ではありません」と謎の解説をツイッターで行った。コロナウイルスがいわゆる"風邪"のウイルスであることから、ゼロコロナとは風邪を撲滅するという無理な課題であることが指摘されていたが、これに対しての苦し言い訳と思われる。


これこそご飯論法ではないのか?

 これこそが「ご飯論法」ではないのか。野党は国会や官房長官会見での政府答弁に対してご飯論法との指摘を繰り返しているが、蓮舫さんの言ってることは「ゼロコロナとは言ったが0にするとは言っていない」という詭弁でありご飯論法そのものだ。

 withコロナを否定してZeroコロナを提唱してみたものの、コロナウイルスの撲滅は不可能との指摘を受け最終的に提示された案は完全に政府と同じ考え方というお粗末なものだった。だったらwithコロナに賛同すれば良かったものを、なんでも政権批判につなげようという思い付き程度の発言がこうやって批判の的になっているのだ。

 過ちを認めることなく、このような詭弁を弄するから支持率が伸びない。これに気が付くころには党が消滅しているのではないだろうか。

関連:蓮舫の長男・村田琳「コロナ禍なのに国会で揚げ足取り大会。自分や党が優先なら国会議員を辞めるべき」
関連:二枚舌の蓮舫、批判された総理への質疑に反省は「特段ございません」→3週間前「いつも反省するのですが、想いが」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で