勤務中に20代女性署員とスノボを楽しんだ警察署長の言い訳「事故現場がどの程度の急斜面か自分なりに確認するためだ」

政治・社会



 北秋田署の警察署長が勤務時間中に20代の女性署員を伴い公用車でスキー場を訪れていたことがわかった。所長は事実を認めたうえで、現場で昨年の12月に死亡事故が起きていることを理由として「事故現場がどの程度の急斜面なのか、自分なりに直接見て確認するためだった」と説明しているという。

北秋田署長、勤務中にスノボ 「事故現場を確認」と説明|秋田魁新報電子版
 関係者や本人によると、小松署長は2月12日昼前、北秋田署の20代女性署員と2人で公用車に乗り、森吉山阿仁スキー場に移動。ゴンドラで上り、スノーボードで滑り降りた。途中で昼食を取ってから夕方までに署に戻った。

 小松署長は取材に対し、スノーボードをした理由について、昨年12月に阿仁スキー場で起きた死亡事故を挙げ、「事故現場がどの程度の急斜面なのか、自分なりに直接見て確認するためだった」と説明した。

普通にレジャーを楽しんでいる

 署長自ら現場検証とはご苦労様です。とはならんだろう?

 普通に20代女性署員とスノボを楽しんだだけ。現場のスキー場で昼食を済ませて午後からも滑っているのだから完全にレジャーです。

 警官同士の不倫が多いのは有名だが、警察署長も異動が多くお殿様としてやってくるので勘違いしやすい。所長の業務は想像以上に過酷と言われているが、だからといって勤務中に息抜きされては市民が困る。

関連:立憲・石川大我が警官に「俺は国会議員だぞ!ビビっただろう?2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」
関連:スクープ!立憲・石川大我、新宿2丁目トラブルの証拠写真公開 高井セクキャバ騒動でかき消された立憲の闇を暴く

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で