バイデン大統領の愛犬、問題行動が多すぎてホワイトハウスから退去させられる

政治・社会



 アメリカのバイデン大統領がホワイトハウスに連れてきた愛犬2頭が退去させられ、デラウェア州のバイデン一家の自宅に戻されていたことがわかった。

CNN.co.jp : バイデン大統領の愛犬が問題行動、ホワイトハウスから退去
(前略)関係者によると、バイデン夫妻の愛犬2頭のうち、ジャーマンシェパード犬の「メイジャー」が、ホワイトハウスの警備員を相手に人をかむ騒ぎを起こした。メイジャーはバイデン氏が2018年にデラウェア州の施設から引き取った保護犬だった。

具体的な状況は不明だが、事態は重大事とみなされて、メイジャーはもう1頭のジャーマンシェパード犬「チャンプ」ともに、デラウェア州に戻ることになった。(後略)

アメリカンドリームから一転

 どうも2頭のうちの一頭が騒々しいホワイトハウスの環境に慣れることができなかったようだ。問題を起こしたのは3歳の"メイジャー"で、昨年の12月のクリスマス動画ではかなりの"やんちゃ"であることがわかる。一方の13歳の老犬"チャンプ"はほとんど動かず座っている。


 ホワイトハウスでは大統領が犬や猫を飼うことが慣習のようになっているがトランプ前大統領は珍しくペットを飼っていなかった。問題を起こしたチャンプはデラウェア州の動物保護団体から引き取った保護犬だったが、ホワイトハウスのファーストドッグまで上り詰めた「アメリカンドリーム」と保護団体から称されていた。

関連:バイデン大統領、共和党への悪口がエスカレート中「卑劣なやつら」→「田舎者」→「腰抜け」→「ネアンデルタール人」
関連:立憲元参院候補「バイデン大統領がシリア空爆。フェイクで洗脳し暴力を煽動する大統領よりはマシ」絶望的な文章力で炎上

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で