野党に特大ブーメラン!総務省接待問題でNTT社長、野党議員との会食を認める

政治・社会



 15日の参議院予算委員会で、総務省接待問題を巡り参考人招致されたNTTの澤田社長が、与党だけでなく野党議員とも会食をしていることを明かした。

 自民党の大家敏志議員の「国会議員と会食しているのは事実か?」との質問に対して澤田社長は「日頃より、例えばマスコミ、あるいは与野党の国会議員の方々をはじめ、各界の有識者と懇談を行い、将来の社会や国際情勢全般について意見交換をする場を設けている」と答えた。

自分のことは棚に上げる恥知らず

 倫理的には利害関係の強い省庁や政府関係者との会食が疑われるのは仕方ないことであるが、野党議員の会食も国会質問や法案提出で便宜を図ることが疑われる。澤田社長の証言は極めて重要で、会食の実態解明のためには追及すべきポイントである。だが、これに対して野党席は静まり返り微動だにしなかった。

 与党相手には勇ましく疑惑追及するのに、自分たちへの疑惑は無かったことにする。16日の衆議院予算委員会では日本維新の会の足立康史議員が、野党議員は自ら名乗り出るべきだと指摘したが、その際にも一様に野党議員は聞こえないふりをしていた。

 NHKの中継では指摘を受けて黙り込む野党席が映し出されたが、恥という概念を失った野党議員はこれからも与党追及パフォーマンスを繰り返すだろう。

続報:辻元清美がフリーズ!接待問題で維新・足立康史議員「野党議員とNTT幹部の会食を公開してください」

関連:小西ひろゆき『嘘でいいから』問題で苦しい言い訳→「不当に音声消されてんだよ」森ゆうこ「ディープフェイク、作られた音声だよ」言及した維新・梅村みずほ議員を恫喝
関連:共産党に飲酒・買収・接待のトリプルコンボブーメラン!市議が20時以降に飲食店でビール、公選法違反の見舞金まで持参

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で