小西ひろゆき『嘘でいいから』問題で苦しい言い訳→「不当に音声消されてんだよ」森ゆうこ「ディープフェイク、作られた音声だよ」言及した維新・梅村みずほ議員を恫喝



 10日の参議院予算委員会で、立憲民主党の田島麻衣子議員の質問通告トラブルが発生した際に、同党の小西洋之議員が後ろから「嘘でいいから、口頭で」とアドバイスしていた問題で、日本維新の会の梅村みずほ議員が12日の予算委員会で「悲しくなりました。染まっていない1期生議員を、そのように染めていってほしくない」と述べた。

 これに対して小西議員は「なに失礼なこと言ってんだ」「不当に音声消されてんだよ」と、逆に「嘘を吐くな」とアドバイスしたものが加工されたとの主張を展開しヤジを飛ばした。また森ゆうこ野党筆頭理事は「ディープフェイクだよ」「作られた音声だよ」と梅村氏の質問中にヤジを飛ばし睨みつけた。
 だが、参議院が公式に記録した動画にも「嘘でいいから」という発言が聞き取れる状態で記録されており、当サイトとしても音声を付け加えたり消すようなことは一切行っていない。
※梅村氏によると「フェイクニュース」ではなく「ディープフェイク」とヤジっていたとのこと。修正しました

与党なら議員辞職を求められる

 小西氏の主張としては田島氏に対して「嘘でいいから」と進言した直後に「必要のない嘘はつかなくていいから」と打ち消しているので問題ないという認識らしい。確かにこの部分は聞き取りにくい状態で当サイトの最初の検証では「人の眼を見て」と聞こえた。だが、音声の付け加えも消去も断じて行っていない。

 あまり検証方法は公開したくないのだが、今回の場合は元の記録音声が小さくデバイスによっては拾えないレベルであったため、PC内での動画録画と同時にスピーカーからも音声を出してマイクで拾った音声を同時録音するという手法をとっている。これにより若干エコーがかかったような状態となり耳に響きやすくなる。家電量販店で展示される複数のテレビの音が、ホールのように聞き取りやすくなる効果と同じだ。あとは部分的な音声レベルを調整しただけ。

 森ゆうこ氏に至っては、梅村氏が話し始めた際に意味が分かっていないような表情であったが、小西氏が狼狽する様子を見てから「ディープフェイクだよ」「作られた音声」と無茶苦茶な恫喝をするという悪質さが際立っている。
 さらに、確定ではないが画面左後方の共産党・井上哲士議員も梅村氏を恫喝している。

 与党なら間違いなく懲罰動議から辞職勧告が検討されるだろう。また、「嘘でいいから」と進言を受けた田島氏が困惑して「うふふ」と笑ってごまかす音声も取得できているが、田島氏が先輩に忖度せず正直に党に報告するべきだ。乱暴に相手を恫喝すれば嘘が罷り通るような国会でいいのか?よく考えて適切な行動を取ってほしい。

関連:【全音声公開】小西洋之「嘘でいいから」田島麻衣子の質問通告トラブルに小声で指示?田島「新しい秘書なんですよ」「答えられないものですか?」森ゆうこの傍若無人な振る舞いも
関連:【動画】直撃!福山幹事長に石川大我議員による警察官恫喝の証拠写真をプレゼント→福山「ありがとうございます!」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で