【動画】直撃!福山幹事長に石川大我議員による警察官恫喝の証拠写真をプレゼント→福山「ありがとうございます!」

政治・社会

 新型コロナウイルス感染への警戒が高まる3月下旬の深夜、立憲民主党の石川大我参院議員が新宿2丁目で警察官とトラブルになり「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」「オレは国会議員だぞ!ビビっただろう」と恫喝したとされる問題。
 5月の会見でフリーの記者から追及された福山哲郎幹事長は「どのことを指して、何を言われているのかよくわからない」として回答を避けていた。その時点で当サイトがトラブルの証拠写真を入手し石川事務所にも伝えたうえで公開していたが、福山幹事長には伝わっていなかったようだ。

 ならば、届けねばなるまい。
 4日午後に広島市内で行われた街頭演説を終えハイヤーに乗り込んだ福山幹事長を筆者が直撃し、証拠写真3枚を受け取っていただいた。写真に目を落とした福山幹事長は筆者に対し「ありがとうございます!」と一言だけ残しハイヤーは走り去った。

渡した写真3枚


虚偽の報告ならば重い処分を

 福山幹事長は確実の写真を見て「ありがとうございます」と言っていたので、どんな対応をしていただけるのか楽しみだ。まさか写真を手に取っていながら「知らない」とは言わないだろう。

 同時期にセクキャバ通いが報じられた高井崇志議員は問答無用で除籍処分を受けている。石川議員の場合は性質の違うかもしれないが、その対応にはあまりにも差がある。また、石川議員は「揉めたつもりはない」とアサ芸の取材に答え、党に正確な報告もしていないものと思われる。その後に当サイトで証拠となる写真を入手し事務所に問い合わせがあった事実も報告をしていないのだろう。こういった不誠実な対応と経緯が事態を悪化させ、今更「ゴメンナサイ」では済まないことになっている。

 今回、証拠写真が福山幹事長の手に渡ったことでどのような対応が行われるかは不明だが、コンビニの光沢紙1枚120円の印刷を3枚、名刺ポケット付きの上質なクリアファイルに挟んで広島市まで出張したことを無駄にしないで欲しい。

関連:スクープ!立憲・石川大我、新宿2丁目トラブルの証拠写真公開 高井セクキャバ騒動でかき消された立憲の闇を暴く
関連:卑怯!福山幹事長「何のこと?よくわからない」石川大我の警察官恫喝問題を無かったことにする


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう