餃子革命!立憲・枝野代表がクーデター宣言?「私のもとの内閣で当面の危機管理と選挙管理を行う」選挙を経ない枝野暫定内閣

政治・社会



 立憲民主党の枝野幸男代表は2日の記者会見で、菅内閣を退陣させたうえで当面の間は枝野暫定内閣で危機管理と選挙管理を行う考えを示した。

 選挙を経ない政権交代構想は事実上のクーデター宣言である。

枝野独裁の牙が国民に向けられる

 ミャンマーでは軍事クーデターにより市民が国軍に虐殺される事態となっている。そういった国際情勢の中で、枝野代表は民主的な選挙を経ない暫定内閣発足を口にしているのだ。

 立憲民主党が内閣不信任案の提出を示唆したことで、自民党の二階幹事長が「ただちに衆院解散」と応戦しているが、新型コロナウイルスの感染が拡大するなかでの選挙は国民に支持されないという声もある。だが、ワクチンの接種が進んで国民に安心感が広がれば菅政権に有利になることから、早期の不信任案提出で解散に追い込むという選択肢もある。そういった記者とのやり取りの中で発せられたものであるが、民主主義を根底から覆して否定するものであり看過できない。

 選挙すら否定するのは、ある意味で共産党よりも先鋭的な革命思想であり、枝野氏の党内独裁の牙が国民にまで向けられた形だ。こんな傲慢な考えが有権者に受け入れられるはずもなく、党外だけでなく党内からも発言の責任を問われることになりそうだ。

関連:態度最悪!枝野幸男さん、会見で女性記者の質問をねじ伏せる「議事録読んで!」→乃木坂46白石麻衣の卒コンについては饒舌「後継者が育っている」ニヤニヤ
関連:立憲民主党がクーデター状態!幹事長の「自粛要請」を無視して街頭活動を繰り返す議員や支部長たち

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で