立憲民主党の卑怯な行動を足立康史議員が暴露「立憲は修正案ミスを理事会で謝罪、隠れずカメラの前で謝罪するべき」

政治・社会



 日本維新の会の足立康史衆院議員は7日の内閣委員会で、立憲民主党が与党のミスは国会で厳しく追及するが自分たちのミスには甘く、隠れて謝罪するという卑怯な行動について言及した。

 政府提出のデジタル改革関連法案で相次いで見つかった条文ミスなどに関して、立憲民主党は「閣議決定をやり直せ」と国対委員長が迫ったり、本会議場で詰るなどしていた。一方で、立憲民主党提出のデジタル改革関連法案の修正案ミスに関しては理事会の場で謝罪するだけで済まされているが、足立氏は「カメラの前で謝罪するべきだ」と指摘した。

他人に厳しく自分に甘い政党

 理事会では今井雅人理事(理事)と後藤祐一理事(立憲)が謝罪したようだが、この二人は政府与党のミスに関して激しく責め立ててきた。今井理事などは与党の条文ミスに関して大臣の責任を追及して国会の場で謝罪をさせている。

 安住淳国対委員長も、与党のミスに「審議には応じられない」などとテレビカメラの前で散々と批判を展開していたが、自分たちのミスとなると謝罪もできない。そもそも今回のミスも足立氏が公開しなければ闇に葬られていた。蓮舫代表代行が総理の所信表明演説の原稿を無断公開した問題でも、議院運営委員会の吉川沙織野党筆頭理事が代わりに謝罪して、蓮舫氏は居直ったまま自分では謝罪をしていない。

 足立氏の指摘するように立憲民主党は「他人に厳しく自分に甘い政党」である。

関連:ブーメラン直撃!立憲・今井雅人議員提出の修正案でも条文ミス発覚→政府提出法案のミスでは審議拒否で恫喝、大臣に謝罪させていた
関連:朗報!辻元清美が全力で潰しにかかり削除を求めた足立康史の発言「共産党の票が欲しいから」→無事、国会議事録に掲載される

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で