維新・足立康史「枝野さんは大罪を犯している」処理水放出反対の無責任さを批判→野党理事が必死の抗議

政治・社会



 日本維新の会の足立康史衆院議員は13日の総務委員会で、福島第一原発の処理水を海洋放出する政府決定を評価したうえで、立憲民主党の枝野代表がこれに反対していることについて「大罪を犯している」と痛烈に批判した。

 この発言に立憲の岡本あき子理事らが反発し、委員長から注意が行われたが足立氏は「誹謗中傷ではなく政治批判」と述べ、一部野党の行動に対して「ほんと腹立つな」と不満を隠せない様子だった。

枝野「ただちに影響はない」

 足立氏の指摘する通り、枝野代表は原発事故当時の官房長官であり当事者である。放射能の影響について当時は「ただちに影響はない」を繰り返した張本人だ。

 自分たちが政権を担っていた当時は「影響はない」と言っておいて、自民党が政権に就いた途端に原発対応を巡って政府批判を繰り返す恥知らず。これはまさに「大罪」であり足立氏の指摘はまっとうだ。

 立憲民主党は自分たちが質問に立てば罵詈雑言の限りを尽くして他者を攻撃しているが、少しでも自分たちが批判されるとこうやって言論を封じにかかる。真偽不明な週刊誌情報をもとに一般人を国会で吊し上げることは厭わないのに、公党の代表の名前は「誹謗中傷」にあたるとして抗議するダブルスタンダードは見ていて痛々しい。

 こういう人たちが政権に付いたら、中国共産党も真っ青な弾圧を行うのは目に見えている。

関連:枝野代表、処理水放出に「福島県民を馬鹿にしている」→足立康史議員「関係者の努力を馬鹿にしているのは枝野さんの方です」
関連:朗報!辻元清美が全力で潰しにかかり削除を求めた足立康史の発言「共産党の票が欲しいから」→無事、国会議事録に掲載される


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で