都民ファースト議員「ウーバー配達員男性に中指を立てられました」

政治・社会



 都民ファースト所属の茜ケ久保嘉代子都議は20日、駅前での街頭活動中に二日連続でウーバーイーツの男性配達員に中指を立てられたことをツイッターで明かした。茜ケ久保都議は当日のランチでウーバーイーツを利用し、家族の食事でもお願いしているという。


個人事業を勘違いしている

 ウーバーイーツを利用した際に中指を立てられたわけではないが、さすがにこれは気分が悪いだろう。配達員にも様々な人がいるようで、上司のいない個人事業主として気分屋的なトラブルを起こす者や、あくまで労働者として扱って欲しいと訴えるひともいる。

 トラブルを起こしたり今回のような振る舞いをするものは、個人事業主ならば誰の言う事も聞かず仕事を選べると思い込んでいるのだろう。ようするに個人事業主になる能力のない、ただワガママなだけのひとが勘違いしているのだ。

 真面目に頑張っている配達員が大半なのだろうが、当たりハズレのある状態で食品を配達してもらうのは不安なので筆者は利用したことがない。

関連:共産党市議が市役所内で機関紙「赤旗」の配達、執務中の市職員から集金、党の拡販戦略「管理職異動工作」実行か?
関連:共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で